響け!ムーショニアム

つぶやきとかアニメの感想とか

見せかけ俺さまくんを読んだ

久しぶりのBLマンガの感想だ

何を書けばいいのか……

 

今回読んだのは『見せかけ俺さまくん』

 

見せかけ俺さまくん (BABYコミックス)

見せかけ俺さまくん (BABYコミックス)

 

 

あらすじは、高校からモテ始めた受けがひょんなことで攻めに惚れて惚れてややストーキングに近い形で、同じ大学に合格

友人から恋人に……と望む受けだが、攻めがなんせ頑なに拒んでなかなか話しかけられもできない

すると千載一遇のチャンスが訪れた

友人も恋人も飛び越えて、な、なんとセフレになっちゃった~~~~!?!?!?!?!?!?!?!な話

 

 

結論から言いますね

ここまでの展開というかあらすじが非常に気に入ったので購入しました

いやここまでは「へえ(興味深い)」って感じ

 

ただ物語の起承転結の「承」「転」がゴロゴロゴロゴロドッシャーーーーーーンドカーーーーーンズガガガガガガガガガガガガガガときて、は??????っていう

 

 

妙に納得できないというか、不満点なところは三つ

.

1.タイトルの「俺さまくん」って誰だ

おそらく表紙にもなっている受けのことかな?と思う反面、

攻めの性格が「これ俺さまか?(CV紫吹蘭)」となる

 

まあ「見せかけ俺さまくん」という限り、受けだと思うんですけどね……

イケメンで女の子侍らせているわりには、童貞だということがそうなのかな?

 

 

2.突如現れた攻めの過去

攻めと受け、過去をほじくるのはいいですよね

特にこの作品では高校時代から受けが攻めにべた惚れでストーカー気質ということから、受けから見れる範囲内の攻めの過去や他人から見える現状はだいたい知っている

だから受けが知らない過去

攻めしかしらない過去をほじくる必要がある

 

ここがまあ……一言で言ってしまうと稚拙

突然すぎる攻めの過去を知っている人物の登場

それによって入る受けの悩み(これはなんとなくわかる)

攻めの葛藤(ここもわかるといえばわかる)

 

それを描くのに、この人物を掘り下げてどうするのかと思うばかり

 

 

3.転から結への結びかた

晴れてハッピーエンドになるこの作品

それが強引すぎる

攻めが受けのことを好きになる過程、気持ちの変化の描写が薄い

不満です

おかげで終わり方がモヤモヤ……

 

 

ここまで読んできて「ああこの作品はクソなのか」と思ったでしょう……

いやでもいいところはあります

というか、補足が作品内にはないだけで、カバーを外すと普通に……

なぜこれをおまけページに入れなかった……

 

あと作者さんなのか編集さんなのかの好みなのか、キャラクターに盛った設定は全て明かさないと気が済まないタイプらしい

 

あとつかみの1話の攻めが実にゲス顔をしていて、本当にあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!メガネはいいねえ!!!!!!!!!!雅だねえ……!!!!!!!

 

そんな感じの感想でした