響け!ムーショニアム

つぶやきとかアニメの感想とか

ツイッターを辞めることは

フォロワーの一人がツイッターを「卒業」した

先日の記事の幹事だった人だ

 

shndy.hatenablog.com

「卒業」した理由は知らない

詳しく知っても、本人が辞めるのを宣言してしまってはそれを引っ込めるほどの力もないし、深追いしてもよくないからだ

ただ同世代のフォロワーの一人が消えてしまったことは、悲しく思う

 

 

そこで考えた

「自分にもツイッターを辞める時期はくるのか?」

 

うーん、考えながらキーボードを打つ

まずなんだ、ありがちなのは就職をする、または恋人ができる

ありえないな……

 

次は何だ

ツイッターそのものに飽きる

いや~~~~~~~~~いっちゃなんだけど、「飽きているアカウント」があるならそれを捨てて、新しいアカウント作ればいいじゃない

実際普段のつぶやきをしているアカウントは、歌舞伎の名家じゃないがうん代目だ

 

最近だとアイカツの絵を投稿しているアカウントが……

絵がえらくうまい人ばかりフォローしたせいで自己嫌悪になり、

メンヘラよろしくスランプなるクリエイター気分(失笑)になって、放置しているぐらいだろうか

まあ絵のアカウントは新しいアカウントを作って、フォロワーが自分のアカウントしかないすごく気楽にやっている

 

とまあ転生しまくっているから、全く辞めるなんて考えたことがない

 

 

結論としては、今のこの記事を書いている自分が「年齢で」「ツイッターに飽きたから」「人間関係に疲れて」「嫌がらせがある」わけではないから辞めないだろう

 

そもそも辞めると、どうでもいいニュースやネタを掴めなくなるしね……

デメリットしか思いつかんよ