響け!ムーショニアム

つぶやきとかアニメの感想とか

週刊少年ジャンプのこころのままでいたい

週刊少年ジャンプ。言わずと知れたマンガ雑誌の名前だ。

このブログを読んだ人は愛読しているだろうか。それとも卒業してしまったのか。

 

自分はかれこれ10年ほど前(たしか)にジャンプを卒業した。

いちご100%が終了してから、マンガ20タイトルほどが収録されている雑誌が読めなくなった。

読めなくなったというには語弊がある。

正確には買って読むものの、一週間では読み切れずにジャンプの積読の山ができるというべきか。

 

とりあえず好きなマンガをちょくちょく読む。

銀魂ONE PIECENARUTODEATH NOTEなどなど。HUNTER×HUNTERがあればなおよし。

次第に単行本も購入しているマンガは、本誌で読めなくなった。

単行本でもひとつのセリフの文字数が多いのは、読むのもおっくうになった。

最終的に本誌で読むのはONE PIECEBLEACHなど絵だけでどどんと説明が足りるもの。

 

単行本ではDEATH NOTEは継続して読んだ。

しかしNARUTO銀魂は購入をやめた。前者は文字が少なすぎて5分程度で一冊読み終わってしまう。後者は文字が多くて追いきれないという理由だった。

ギャグや戦闘シーンにおもしろさがどこにあるのかと考えるようになってしまったのも理由になる。

大きな声では言えないが、連載ペースが「順調すぎる」ために小遣いが足りなくなってしまったのもある(そのあたり休載が多いマンガは好きだ)。

 

今ではハイキュー!!HUNTER×HUNTERしか少年ジャンプのマンガは持っていない。

決してほかのマンガがつまらなくなったとか、そういう理由ではない。

週刊少年ジャンプのマンガが魅せてくれる夢やら若くてキラキラしたものが素直に受け取れなくなってしまっただけだ。

アニメだと満足するのにね。

 

銀魂で「年をとってもジャンプを読み続けられる少年の心を持ってるんだよ」みたいなセリフがあった。

今では確かにそうだとうなずける。

タイムラインで社会人になってもジャンプを買うフォロワーの若さがほしいなと思うこの頃だった。

アラサーオタクのなきごえ

ポケモンが発売されたということで、ポケモンらしいタイトルにした。

ちなみにポケモンは買っていない。

 

タイトル通り、今回は「アラサーオタクのツイッターでのなきごえ」を述べたい。

 

12月に入り、気温が低い日が続いている。

日の入りも早くなる冬の夜は、さみしさも一層増す。

つまり人肌恋しくなる季節だ。ウィンターソングでは肌のぬくもりなんかが歌詞に出ることが多くなる。

 

この時期というかこのごろだ。

自分のタイムラインにはアラサーのオタクたちがじわじわと増えつつある。

それぞれ普段は会社で奮闘したり、無意味な一日を過ごしたり。うれしいことがあったり、嫌なことだってあるのがわかる。

アラサーオタクたちは仕事やらなんやら自分が解放されると、この時期「虚無」が訪れることがNASA(何もアクションを起こさない冴えないアニオタの略。つまり自分)の調査で分かった。

 

調査によると、アラサーで恋愛からほど遠い生活を送っていると「結婚してえ」と思うらしい。

セックスをして、安定した生活を送り、子孫を残すためにつがいがほしいわけではないようだ。

いわゆる「ママ、おっぱい」など幼児退行してしまうオタクと同じように、「美人と結婚したい」と口に出すようだ。

加えて(うらやましいかぎりだが)友人たちの結婚に触発されて、「なぜ自分は結婚できないのだろう」とうんうん悩んでしまう。

しまいには空から結婚相手が降ってくるわけでもなしに、「今日も結婚できなかった」とつぶやいてしまう。

 

調査をしていてわかったこれらのこと、実に悲しみが満ちていると感じた。

というかバカバカしいと思った。

確かに結婚したいのはよくわかる。自分もこの年齢ならもうこの歳くらいの子供がいてもおかしくないのだ、と子役タレントが出てきてはしみじみと思うことも少なくはない。

また同い年のフォロワーの友人が結婚(幸いにも自分の周りはそういう報告がない)したというめでたくも憎らしい報告で、はたと気づいたりもする。

逃げるのは恥の上塗りだかそんなタイトルのドラマで、「うああああああ」となる(らしい)のもわかる。

 

だがよく考えてほしい。

結婚。安定した収入を得るには、男も女もがんばって仕事をしないといけない。

子供をつくるのはそれからだ。しかも子供はケーキみたいに作ろうと思ってつくっても、簡単にできるものではない。

奥さんや旦那さんもそうだ。例えば奥さんなら、豊かな胸にエプロンを身に着け、ふかふかな感触で「おかえりなさい」と笑顔で言うような。それを何十年も続けてくれるような。

そんなマンガみたいな人間はおそらくめったに見ない。

 

それに恋愛経験もろくになくて「結婚したいっすね」「職場の美人が俺を好きだと思う、間違いない」と思っている。

なにか悪いものでも食べて脳がやられてしまったのか。

アラサー序章でそんなことをいっているやつをみると、ゆ虐よろしくの「どぼじでぞういうごとずるの」なことをいってしまいたくなる。

 

書いていて具体的な人物が頭によぎってきたので、怒りをおさめてちゃっちゃとまとめたい。

 

「結婚したい」は無駄な鳴き声だ。

したかったら自分を磨け。余裕を持て。周りの人間に目を向けろ。

童貞コンプレックス丸出しにするな。

自分をよしよしして甘えさせてくれるような、ふんわりとしたセックスを供給するために結婚はあるわけではない。

もう一度自分の足の爪からでも見つめなおせ。

 

あーーー本当にツイッターでのアラサーオタクのつぶやきは目障りだよ。本当に。

鼻くそがたまる。

最近毎日鼻くそがたまって、耳鼻科に行くかと思うほどたまる。

あまりにも鼻くそがたまるから、何か変な病気でもかかったのかと思ったほどだ。

 

鼻くそのことを毎日考え、それについて調べていくうちにわかったことがある。

鼻くそは鼻水が乾燥してできるらしい。

なるほど確かに鼻がむずむずして、ティッシュにかむと鼻血の固まったようなものと鼻水がどろりと出ていることがわかる。

くわえてこの季節。何かのアレルギーのせいで、常にぐずぐずと鼻が変な音が出ている。しかも寒暖の差で鼻が垂れる。

振り返ってみれば「確かに鼻くそが生まれやすい環境だな」と納得がいく。

 

ゆんやー!と生まれた鼻くそ。

つまり今の自分の鼻の粘膜当たりには寒くて鼻水がたらたら垂れているということだ。

そう!つまり冷えている。

 

……。

 

……ヒートテックに着替えたら少しは鼻くそ減るのかな…。

今年買ってよかったもの

モノのことしか書かないブログですまない……。

 

フィギュア

 

 ことりちゃんは去年だったか…?再版されるみたいね

 にこにーは帽子もとれるよ

 

マンガ

 

 BLで。世界観が衝撃的だった。

 

 ギャル子ちゃんのおかげで、爪のケアというものを初めて知りました。

ありがとうギャル子ちゃん…

 

クソだったやつ

 

イマドキ☆エジプト神 (1)

イマドキ☆エジプト神 (1)

 

 出落ちマンガ

ギャグのパターンがワンパターンで飽きる

ソシャゲのエジプトの神様好きな人は、余ページの専門家によるキャラと設定だけ読んであとは売っていいと思う

無駄な買い物

無駄な買い物をしたな、と思った。

買ったものは美少女フィギュア。なんとなく顔が好みなのと、小物が充実していたからという理由で楽天で予約した。

12000円(ポイント値引き済)の買い物だ。最近のフィギュアを買っていると「普通の値段」だろうか。それでも高額なことには変わりない。

 

予約してから販売されるまで何度か発売日の延期があった。

くわえて特に作品もキャラクターも馴染みのない、見た目だけで瞬間的に予約したフィギュアだ。届くのが待ち遠しいと思うわけではない。実際予約した店にキャンセルを申し出たいと2回めの延期の時には思っていた。

 

だが予約をキャンセルしなかった。

もしかしたらものすごくお気に入りになるかもしれない。紹介写真よりずっとかわいらしいかもしれない。延期しただけのことはあるのかもしれない。

淡い期待と後ろめたさを持ちながら、某月そのフィギュアは到着。

細かいパーツを苦労しながら組み立てたフィギュア。顔を覗き込んでみた。

すました顔をした美少女は、どこかとっつきにくい印象を持った。

 

今この記事を書いているノートパソコンの隣には、そのフィギュアをなんとかブリスターに入れた箱がある。

近いうちに売られるだろう。

 

手元にある予約済みのフィギュアはあと2体。どちらも好きなキャラクターだ。

このフィギュアたちは「無駄な買い物だった」と思わないようにしたい。

ごちうさをみた

少し前の話。

ご注文はうさぎですか?』と『ご注文はうさぎですか??』をいまさらながら続けて視聴した。

原作未読、アニメのみでの簡単な感想です。

 

まずこの作品で注目したいのはOPとEDの中毒性の高さだ。

あ~ぴょんぴょんするんじゃ~と口には出さないものの、かわいいキャラクターたちがかわいい感じでひょこひょこ動くのには「あ~~~~いいっすね~~」とデレデレせざるを得ない。

個人的に好きなのは『ご注文はうさぎですか??』(2期)の曲。

「一歩、二歩、三歩、四歩~」と足だけでキャラクターがわかるのが、いや~~趣ありますねえ~いいっすねえ~~となる。

OPはかわいらしさとなんらかでほのぼのした心になる。

 

問題はEDだ。


【HD】ご注文はうさぎですか?? 2期ED ときめきポポロン♪

 

1期に引き続き、チマメ隊が歌う「ときめきポポロン♪」。

チマメ隊という名前がそもそも卑猥というかなんというかと一記事使ってしまうくらい語ってみたいがやめておこう。

歌詞と曲のかわいさはもちろん、チノ、マヤ、メグの3人が舞台となる街を歩きながら。ときにはダンスをしながら、それはもうかわいらしいかわいさで歌う。

 

趣ありますねどころの話ではない。

ロリなんとかホイホイに引っかかりそうなこの映像、実に中毒性がある。

そして中毒の裏に、目の前がツイッターのタイムラインが広がる。

オタクたちがいっせいに何の音だとはわからないが、「ビュルルルルルッビュルッ!!ビュルルル~~ッッドビュドビュ!!」のつぶやきがいっせいに流れてくる。

不思議な音だ。何の音だろうね。

いっせいにコダネとかチノチャンノロリ×××ニ××シタイとかのオタクの叫びが聞こえる。

 

特にそのオタクの叫びが高まるのが、サビのチマメ隊が手を空に向けて、制服でぴょんぴょんするシーン。

そして腕を振りながらスカートがゆらりゆらりと揺れる場面。

加えてメグちゃんのバレエの「くるりくるり」のシーン。

好きな箇所を並べた。だがいずれもなにかのにおいがすごくする…。

「ウォォォオオオ!!!ビュルルルルルルルッ!!ドビュルルルルッ!!!」だ。

 

ところで「まずこの作品の」と切り出したからには、ふたつみっつあるのだろう?と、ここまで読んだなら思うはずだ。

大丈夫。忘れていません。誓って忘れてはいません。

しかし自分でも驚くくらいときめきポポロン♪の感想がすさまじくなってしまって、正直怖くなったのでこれくらいにしておこう。

 

まったくココアさんはしょうもない…なんだ…チノちゃんになりきれない…

チノちゃん…

チノちゃん……チノちゃん…

ハングアウトクライシスを読んだ

『ハングアウトクライシス』 というBLマンガを読んだ。

今回はその感想ということで!

ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)

ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)

 

 タイトルの『ハングアウトクライシス』と短編がふたつ。『暴走リーマン、ヘンタイ系』『美女と野獣』の3つの話が収録。

 

ハングアウトクライシスが強烈だったのでそれについて書きます。

主なあらすじはamazonで読んでください!感想!ね!感想いきましょう!

 

「誰に抱かれていると思ってんだよお前。優しく『おんなのこ』にしてやるよ?」

物語中やたらセッ!!シーンが盛りだくさん。攻めも受けも瞬時にわかる親切なマンガ。

中でも自分の心を射抜いたのはこのセリフ。

強い。この攻め、圧倒的に強い。さすが有名大学(たぶん)の飲みサー幹事であり、御曹司の攻め。俺様系。超俺様系です。すごい。

ノンケというか、イケメンヤリ☆ンが親友にいきなり誘うこのセリフ。

ただものではない…と思わせる。しかもノリノリで誘い、普通に勃起をして親友を愛撫する。

それに対する受けが「(攻めの名前)の人に命令することに慣れた指が…俺の中に入ってすっげぇとこ擦ってるっ!?」

もんはんのえろほんもびっくり、なんとまあ体の相性がばっちりというすご…すごーー!

そんなこんなで受けは親友だけど肉体関係持っちゃった…どう接したらいいの…となるのは少し。なんだかんだでいや、お前とやるのは気持ちいいし?は?でも女の子も抱きたいけど、最近お前のほうが好きだし?みたいな状態が続く。

はーーーーーーーーーーー!!!

 

一方で攻めのほうは、合コンで当たりがいなかったら受けとやろうか。まあ合コン中でもやるけど!ふん!みたいなあれよあれよと俺様ペースでぬるんぬるんとしてしまう。

はああああああ詫び錆びですねえええ

 

ところが二人の体だけの関係にひびが入る事件が起きる。

まあ攻めの俺様ぶりが強すぎて、はっきりした関係にしていなかったのが問題になるんですけど…。

傷心した受けはゲイ風俗で同じ大学のほんわか優しい系イケメンに体を許してし…あーーーーー!そこから先は言ってはいけない!!ネタバレになってしまう!!!!!!!だめ!!!!!!!!

 

とまあなんやかんやでドカーンとドドドンドドドンして、最後はあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!もう見てらんねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!最高ゥー!!!!!!!!!

みたいな感じです。

 

途中感想が面倒になってすみません。

受けの必死ぶりがいたいけでよかったです。はあ…いいですね、こういう話は…。