読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

響け!ムーショニアム

つぶやきとかアニメの感想とか

無駄な買い物

無駄な買い物をしたな、と思った。

買ったものは美少女フィギュア。なんとなく顔が好みなのと、小物が充実していたからという理由で楽天で予約した。

12000円(ポイント値引き済)の買い物だ。最近のフィギュアを買っていると「普通の値段」だろうか。それでも高額なことには変わりない。

 

予約してから販売されるまで何度か発売日の延期があった。

くわえて特に作品もキャラクターも馴染みのない、見た目だけで瞬間的に予約したフィギュアだ。届くのが待ち遠しいと思うわけではない。実際予約した店にキャンセルを申し出たいと2回めの延期の時には思っていた。

 

だが予約をキャンセルしなかった。

もしかしたらものすごくお気に入りになるかもしれない。紹介写真よりずっとかわいらしいかもしれない。延期しただけのことはあるのかもしれない。

淡い期待と後ろめたさを持ちながら、某月そのフィギュアは到着。

細かいパーツを苦労しながら組み立てたフィギュア。顔を覗き込んでみた。

すました顔をした美少女は、どこかとっつきにくい印象を持った。

 

今この記事を書いているノートパソコンの隣には、そのフィギュアをなんとかブリスターに入れた箱がある。

近いうちに売られるだろう。

 

手元にある予約済みのフィギュアはあと2体。どちらも好きなキャラクターだ。

このフィギュアたちは「無駄な買い物だった」と思わないようにしたい。

ごちうさをみた

少し前の話。

ご注文はうさぎですか?』と『ご注文はうさぎですか??』をいまさらながら続けて視聴した。

原作未読、アニメのみでの簡単な感想です。

 

まずこの作品で注目したいのはOPとEDの中毒性の高さだ。

あ~ぴょんぴょんするんじゃ~と口には出さないものの、かわいいキャラクターたちがかわいい感じでひょこひょこ動くのには「あ~~~~いいっすね~~」とデレデレせざるを得ない。

個人的に好きなのは『ご注文はうさぎですか??』(2期)の曲。

「一歩、二歩、三歩、四歩~」と足だけでキャラクターがわかるのが、いや~~趣ありますねえ~いいっすねえ~~となる。

OPはかわいらしさとなんらかでほのぼのした心になる。

 

問題はEDだ。


【HD】ご注文はうさぎですか?? 2期ED ときめきポポロン♪

 

1期に引き続き、チマメ隊が歌う「ときめきポポロン♪」。

チマメ隊という名前がそもそも卑猥というかなんというかと一記事使ってしまうくらい語ってみたいがやめておこう。

歌詞と曲のかわいさはもちろん、チノ、マヤ、メグの3人が舞台となる街を歩きながら。ときにはダンスをしながら、それはもうかわいらしいかわいさで歌う。

 

趣ありますねどころの話ではない。

ロリなんとかホイホイに引っかかりそうなこの映像、実に中毒性がある。

そして中毒の裏に、目の前がツイッターのタイムラインが広がる。

オタクたちがいっせいに何の音だとはわからないが、「ビュルルルルルッビュルッ!!ビュルルル~~ッッドビュドビュ!!」のつぶやきがいっせいに流れてくる。

不思議な音だ。何の音だろうね。

いっせいにコダネとかチノチャンノロリ×××ニ××シタイとかのオタクの叫びが聞こえる。

 

特にそのオタクの叫びが高まるのが、サビのチマメ隊が手を空に向けて、制服でぴょんぴょんするシーン。

そして腕を振りながらスカートがゆらりゆらりと揺れる場面。

加えてメグちゃんのバレエの「くるりくるり」のシーン。

好きな箇所を並べた。だがいずれもなにかのにおいがすごくする…。

「ウォォォオオオ!!!ビュルルルルルルルッ!!ドビュルルルルッ!!!」だ。

 

ところで「まずこの作品の」と切り出したからには、ふたつみっつあるのだろう?と、ここまで読んだなら思うはずだ。

大丈夫。忘れていません。誓って忘れてはいません。

しかし自分でも驚くくらいときめきポポロン♪の感想がすさまじくなってしまって、正直怖くなったのでこれくらいにしておこう。

 

まったくココアさんはしょうもない…なんだ…チノちゃんになりきれない…

チノちゃん…

チノちゃん……チノちゃん…

ハングアウトクライシスを読んだ

『ハングアウトクライシス』 というBLマンガを読んだ。

今回はその感想ということで!

ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)

ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)

 

 タイトルの『ハングアウトクライシス』と短編がふたつ。『暴走リーマン、ヘンタイ系』『美女と野獣』の3つの話が収録。

 

ハングアウトクライシスが強烈だったのでそれについて書きます。

主なあらすじはamazonで読んでください!感想!ね!感想いきましょう!

 

「誰に抱かれていると思ってんだよお前。優しく『おんなのこ』にしてやるよ?」

物語中やたらセッ!!シーンが盛りだくさん。攻めも受けも瞬時にわかる親切なマンガ。

中でも自分の心を射抜いたのはこのセリフ。

強い。この攻め、圧倒的に強い。さすが有名大学(たぶん)の飲みサー幹事であり、御曹司の攻め。俺様系。超俺様系です。すごい。

ノンケというか、イケメンヤリ☆ンが親友にいきなり誘うこのセリフ。

ただものではない…と思わせる。しかもノリノリで誘い、普通に勃起をして親友を愛撫する。

それに対する受けが「(攻めの名前)の人に命令することに慣れた指が…俺の中に入ってすっげぇとこ擦ってるっ!?」

もんはんのえろほんもびっくり、なんとまあ体の相性がばっちりというすご…すごーー!

そんなこんなで受けは親友だけど肉体関係持っちゃった…どう接したらいいの…となるのは少し。なんだかんだでいや、お前とやるのは気持ちいいし?は?でも女の子も抱きたいけど、最近お前のほうが好きだし?みたいな状態が続く。

はーーーーーーーーーーー!!!

 

一方で攻めのほうは、合コンで当たりがいなかったら受けとやろうか。まあ合コン中でもやるけど!ふん!みたいなあれよあれよと俺様ペースでぬるんぬるんとしてしまう。

はああああああ詫び錆びですねえええ

 

ところが二人の体だけの関係にひびが入る事件が起きる。

まあ攻めの俺様ぶりが強すぎて、はっきりした関係にしていなかったのが問題になるんですけど…。

傷心した受けはゲイ風俗で同じ大学のほんわか優しい系イケメンに体を許してし…あーーーーー!そこから先は言ってはいけない!!ネタバレになってしまう!!!!!!!だめ!!!!!!!!

 

とまあなんやかんやでドカーンとドドドンドドドンして、最後はあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!もう見てらんねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!最高ゥー!!!!!!!!!

みたいな感じです。

 

途中感想が面倒になってすみません。

受けの必死ぶりがいたいけでよかったです。はあ…いいですね、こういう話は…。

googleでいいから開発してくれ

過去の自分の動作や考えたことを検索できるようにしてほしい

今年賀状がどこにあるのか全く予想がつかなくて、ブレイクダンス踊ってしまいそうだ

ジョブズでいいから教えてくれ

ちなみに探している年賀状の枚数は3枚だ

ギターがおまえをみている(後)

すっかりブログのことを忘れていたわけではな…いぞ…。

 

さて前回の記事で「趣味はギターです」といったことの続きだ。

正直書く気分がとてもとても薄れてしまって、果汁3%くらいのオレンジジュースくらいになっている。やっつけだからまあ笑って読んでほしい。

 

エレキギターを昨年の夏買った。島●楽器のCO●Z、ストラトキャスターだったか。

独学でできると聞いて、ようつべで動画を探しつつ練習をした。

最初は楽しかった。しだいにギター一本では好きな曲をジャカジャカ弾くこともできなければ、わくわくすることもないと気づいた。

ひとりでギュゥィィイイィィィイン!!しても虚しいだけだった。

 

そんなこんなで一年が過ぎた。

ギターはケースにしまわれたまま、チューニングがほとんど狂うことなく再び音を鳴らされるのを待っている。

机の隣にあるギターは、毎日私をみてなにかを訴えている。

 

やっつけだから〆はなし

ギターがおまえをみている(前)

趣味や特技と書くと大げさだと思う。だが人前でそういうことを話すときは、絵を描くこととギターを弾くことにしている。ところがそのふたつの趣味、なかなか自分にとって厄介な趣味だ。

 

絵を描く。大学を卒業した記念として、ペンタブを買った。2か月ほど吟味して、お絵かきソフトのCLIP STUDIOも購入した。

卒業して2年か3年までだっただろうか。絵を描くことが楽しく、プロの動画をみたりお絵かき講座やpixivをみたりして、モエモエな絵の勉強をした。描いていて特に楽しかったのは、女性の裸体。特におっぱいを塗るのがとても楽しい。

エアブラシを駆使して柔らかな陰影をつける。そしてぷりっとしていて、さくらんぼのような乳首を塗る。職人になったような気持ちになって、ついつい熱が入る。描けば描くほど上達が目に見えていて、やる気が上がった。

 

これが昨年までの話。今年になると正反対のことが起こった。

 

春。まず塗るのが面倒になった。ひとつの絵にそれほどの情熱を注げなくなった。線画だけで満足するようになった。

夏。次に清書をするのが面倒になった。何を描いても下手に見える。一方でたまに筆をとれば、今までなんとなく描いていた手や足のパーツを丁寧に描くようになった。落書きしか描けなくなった。

秋。色の数は少ないけれど、線画を描いて色をガサガサ塗ることまで持ち直した。だが愛情のない絵になった。華がない。

そして冬に向かう今。PCのフォルダをのぞくと今年の8月に1枚だけ「一応最後まで仕上げた」もの以来の、最後まで仕上げる予定の絵を描いている。来年の年賀状で使う予定のものだ。

 

果たして今の絵は完成するのだろうか。来月までの自分に期待するしかない。

 

 

ところでタイトルのギターについて触れるのを忘れていた。だらだら書けるだろうから、次のネタに取っておこう。

ブログ名が決まった

ブログ名の正式名称を一応決めた。

「ヤポヤポの実」改め、「響け!ムーショニアム」にした。

ツイッターの投票機能があってよかった(本当は納得がいかないが)。

ちなみに元ネタはもちろん「響け!ユーフォニアム」から。

内容が変わるわけではないけれど、改めてよろしくお願いします。

 

ところで昨夜から始めたこのブログを今朝になって読み返した。

……おや。何か変だ、と思う。原因は何だろうと考えているうちに、なんとなく引っかかるものがある。そうだ、この文章は読みにくい。

 

PCから書いたものをスマホの画面で読むのは、デザインも文字組も変わる。当たり前のことだ。

もちろんそれも理由の一つではある。最大の理由が「句点がない」ことだった。

 

大学の卒論以降、こうやってまともな、そして比較的長めの文章を書いたことはなかった。ついついツイッターのような(ダジャレではない)ふわりとしつつも、だらだらと要点がない文体になってしまう。これでは無職になってからの脳の退化が明らかになってしまう。

 

脳が少しでもまともに動くことを願って。淡い期待を抱きながらブログをつづった。

 

追記

星ありがとうございます。