響け!ムーショニアム

つぶやきとかアニメの感想とか

テニラビがおもしろい

テニスの王子様ライジングビート、略して「テニラビ」

いやーーーーーーーーーーおもしろいです

 

ミリシタと同じく(たぶん)、4つの丸をタップしていくリズムゲームです

上フリックがあるのは最近の流行りなんですかね

判定もゆるくていいです

 

なんせこのゲーム、何がいいって石がひょいひょいもらえるところ

課金してるんだかしてないんだかわからないほど、石がすぐに貯まる

 

加えてストーリーがおもしろい

原作で触れていない部分(たぶん)も触れていておもしろい

いや~~~~~~~~~~~~やっぱりブン太はかわいいな

デブラーメンの写真に癒される

いつの間にかこのブログが開設して1年経ったらしい

特に書くこともなく、記事数も少ないのにいまだにアクセスがある

ありがたい

アクセスしてくれるみなさん、ありがとうございます

 

---

 

さて今回はツイッター今昔物語について

 

ツイッターを始めて早6…7…年?経つ

転生は4回程度か

裏垢を含めれば10回はいくかもしれない

 

始めたばかりのころはまだガラケーを使っていた

そして人気のアカウントといえば、DJあおいやらtommyやらの恋愛ポエムなのか恋愛説教みたいなアカウントだった

オタク方面ではわさらーだろうか

前者のジャンルはフォローしていたが、オタク方面のフォロー数は少なかった

恋愛ポエムなんか流れてきたときには、キュンとするなどういういしいときもあった

 

ツイッターの歴史を語りたいわけではない

話が脱線してしまった

 

ツイッターを始めて、少しずつオタク間の相互フォローができたころ、

この世界では「ぼっち」が当たり前だった

 

生まれてから友達なんてできたことがない、いじめられた過去がある、コミュ障…など、とにかくひとりぼっちが集まっていたタイムラインだった

だいたい年齢も高校生から大学生くらいだった

 

このときにうっかり「友達とご飯を食べた」なんてツイートしたら、

晒されてブロックされてしまうような雰囲気があった

友達ができた、大学で席を取っておいてもらった…は当時では炎上案件だった

 

そのころの自分を告白すると、友達らしき人間はぼんやりといたし、好きな異性もいたし、大学はそれなりに楽しめたところだった

 

 

しかし時は流れ、大学生のフォロワーが次々と社会人や無職になっていった

自然とぼっちだなんだで文句を言われることはなくなり、内定数を隠したり(絶対そういうやつがいたと思う)、ヘイシャでザンギョウ(無職だからこのような言葉の意味が分からない)(絶対会社辞めるつもりないだろ)する内容が増えてきた

まあそれはいい

それも過ぎた話だ

 

近頃はぼっちで就活や風俗通いに奮闘し、涙を流していたオタクたちにも春が来たらしい

恋人ができたり、結婚、出産をひかえたりするオタクが増えてきた

またそういう話題がオープンになってきた

 

今では叩かれるとしたらオフパコだろう

それも炎上するほどは叩かれず、せいぜいネタにされる程度になった

 

 

なんなんだろうなと思う

 

昔は孤独な仲間同士で傷をなめあって、インスタグラムやForscere(Swarmの前身、つづり合っているのか不明)やらでオタクどもをフォローしていた

だが今ではぼっちに苦しんでいても、誰も手を差し伸べてくれない

幸せなニュースを届けるだけのツールとなってしまった

アニメの感想やブヒブヒいう人も少なくなってきた

 

自分がマイノリティーになってきたような錯覚をおこす

そんなときに二郎系ラーメンの写真を見ると、どこか昔に戻ったような気持ちになる

 

どんなハッピーな話題がたくさんあって、孤独感が増してもラーメンの写真さえあればまだなんとなく仲間な気がする

毛利藤四郎はどこにいる

2017年10月12日21時22分

この記事を書き始めた時間だ

 

Firefoxで開かれたタブはブログ編集のタブともうひとつある

刀剣乱舞のタブだ

 

先週火曜から開始された刀剣乱舞では、通称「大阪城」と呼ばれるイベントを走っている

敵をなぎ倒して、大阪城の地下50階までひたすら掘っていく内容のゲームだ

ゲームのシステムはいたって単純でわかりやすい

しかしそこからが地獄の始まりだった

 

地下50階になると、まれにイベント限定のキャラクター「毛利藤四郎」がドロップする

この「まれに」が、あるところの調べによると、0.1%の確率らしい

この0.1%に希望をもって10月7日から、すでに149周まわっている

 

刀剣乱舞ガチ勢(通称ゴリラ)からすると、ひよっ子すぎてそんなことで!と鼻で笑われるだろう

 

だが連日連夜、早起きをし、夜中までゲームに向き合うのはそうとうな苦痛だ

まさに地獄

ひたすら同じキャラクターが同じセリフを叫ぶのをBGMにし、他に作業をしているとはいえ終わりのない戦いにもう参っている

「たかがゲームごときで」と思うだろう

自分でもそう思う

 

しかし記録をとりつつ延々とゲームのために時間を割く日々を想像してほしい

加えて同じ内容のものを、だ

頭を抱えるほどつらいとソシャゲーのひとつでもやりこんだ人ならわかるだろう

 

限界が近い

助けてほしい

 

お願いだから、0.1%を1%あたりに上げてもらえないだろうか

 

 

来週の火曜の14時に「大阪城」は終了する

果たしてその日までに睡眠時間を確保した状態で、毛利藤四郎を愛でているのだろうか

そうなるように祈りたい

オタク濃度が上がってきている

最近オタク濃度が上がっているような気がする

 

こんまりの片付ける魔法でうまい具合に片付いた自室にクローゼット、机周り

インテリアが落ち着いてきて、さあなんだか女の子らしい部屋にしようと意気込んでいる時期もあった

 

例えばウォールステッカーを貼ってみたり

マスキングテープで家具をデコってみたり

よぉ~し、デコっちゃって(CV加州清光)って感じだ

 

しかしこれがまあなんとも落ち着かない

 

ジャニオタ部屋(正確にはSMAP部屋)として、

ポスターを貼ったりしたものの、うちわやペンライト、CDをうまく飾るセンスは持ち合わせていない

 

 

ところがアイカツ!を好きになってから、部屋がぼろぼろと「脱オタク・オサレ部屋」からようこそ「好きなものに囲まれるオタク部屋」になってきた

 

最初の改造はクローゼットの扉裏から

こんまりの本で「クローゼットの中は趣味だらけにしよう」と書いてあったからだ

いちごちゃんやユリカ様、大スター宮いちご祭りのポスターを貼ってむふぅ……

 

正直いい出来なのと、かわいさで満足した

 

次は壁だ

劇場版アイカツ!のときに発刊された、アニメージュだかのポスター(いちごちゃんと美月さんの絵)を貼ってまた満足

隣にはよつばと!のカレンダー

おしゃれ(よつばと!のカレンダーはおしゃれ)かわいい部屋になった

 

そして現在

よつばと!のカレンダーの製作終了により、カレンダーを刀剣乱舞にした

さらにアニメージュの付録にあった、けものフレンズのポスターを隣に飾った

アイカツ!刀剣乱舞けものフレンズの順で壁に貼る

楽しい

 

加えてラバーストラップのプリパラや、キングオブプリズム(高田馬場ジョージ)のポストカードに活撃刀剣乱舞の源氏兄弟のプロマイドをぺたぺたとポスターの下に貼る

 

いや~~~~~楽しい

 

机の上にユーリ!!!on ICEの円盤と缶バッチ

あーーーー癒される

 

とまあこんなふうに、オタク部屋を我慢してきたうん年間のうっ憤を晴らすように、日々オタク濃度の高い部屋ができている

 

今度はどんなオタカツができるのか

 

楽しみにしている

歳をひとつとった

先日誕生日をむかえた

 

いよいよアラサーのサーの部分になった

サーになったからには、何か特別なことが起こるとか価値観が変わるとかあるのかなとかぼんやり思っていたり、思わなかったりしていた

 

結論からいうと、特に変わらない日であったし以降も特に変化はない

例えばFGOで単発ガチャを引いても☆5が出るわけがなかった

刀剣乱舞でちょろちょろと周回をしたら、亀甲貞宗が「やあ」というわけでもなかった

これは努力して脳死周回をした結果、初めてぽろりとドロップするのが醍醐味だからまだ出なくていい

だが必ず出てほしい

30歳になったからといって、いきなりエイジングケアの化粧品を使わないと肌がぼろぼろになって死ぬわけでもなかった

 

変わるといえば、何かの申し込みのときの年齢欄に記入する数字がひとつ多くなっただけだ

 

そういえば白髪が生まれて初めてにょきりと生えていたのも変化になるか

 

それだけの些細な変化だった

 

追記

アリスと蔵六』の紗名がいうような「もしゃもしゃする」ことがあった

しかしまだうまくまとまらない

この話はそのうちに

これはいいものですね

便秘気味だ

 

こういうときに「アレ」、食べるといいんですよ……

 

インドカレーとラッシー(飲むヨーグルトでも可)

 

快便はいいものですね

応援上映に行った

絶賛公開中の映画、『KING OF PRISM - PRIDE the HERO』の応援上映に行った

キンプラは2回目、応援上映はキンプリ含め初の出来事だ

 

映画の感想は抜きにして、応援上映自体の感想を書こうと思う

 

まず応援上映の上映時間は午前11時からの回だった

当然といえば当然なのだが、スクリーンの観客数は片手で足りるほどだった

応援上映なのに貸し切り上映

なんだか不思議な気分で、特典のコウジ君のうちわと目で語り合っていた

 

さて上映開始時刻

劇場内は暗くなったところで、最初の驚きがあった

予告の時間にサイリウム?ペンライト?(キンブレとかいろいろ名前はあるのは知っているが、今回はペンライト表記で統一する)を振り、早くも色の準備をし始める

 

は、早い!

それと視界の隅っこで光るものがあって、予告ですら集中力がそがれる

しかしそれは杞憂だった

しばらくするとチカチカするのは慣れていったからだ

 

よし、本編が始まった……その前に!シン君から応援上映のマナーを守ってねという内容の映像があった

4つ注意点があった

 

まずはキャラを蔑むことはしないこと

当然だ

次に30センチ以上の長いものや、ペンライトを頭上まで掲げるのはだめだということ

そうだな

視界にセロリがあっても困る

もう一点はキャラがしゃべっている場面で過激な応援はやめろ

確かに

最後に服を脱がないこととあった

服を……脱ぐ……?え……?

 

周囲は「はーい」とか「わかったー」とか「シン君かわいいー」とかで特に気に留めるまでもない、周知の事実のようだった

 

そして本編が始まった

 

入る

会話にものすごく入っていく会場

観客がキャラクターの親戚のおばさんになっているかのごとく、

強引にでも会話に食らいついてくる

 

ほめる

とりあえず推しのキャラクターでもなんでもかわいい!かっこいい!と叫ぶ

 

物語の導入から日常パートはこんな感じで応援上映は進んでいく

ちなみに私は初回で思わずドボンと落ちた高田馬場ジョージの応援はなかった

恥ずかしがらずにジョーーーーーーーーージーーーーーー!!!!!!!!!といえばよかった

 

そしていよいよ物語後半のプリズムキングカップでは、変わる変わるペンライトの色

握りしめていた自前のペンライトを惜しげもなく振る

 

だがちょっと待て

このキャラクターのイメージカラーは何だった?と頭によぎる

カズキ先輩とタイガ君は緑と黄緑でよかったのか?

じゃあコウジ君とアレクさんは紫同志でかぶっちゃうよな?

 

ノリと感じたプリズムの煌めきで色を変えりゃあいいんだよ!!といわれても、

一度でた疑問はなかなかぬぐいきれない

 

とりあえず色がわかるキャラクターのときは振ることにした

ルヰ君とかヒロ様とかはわかりやすくていいよね……

 

そんなこんなで本編終了!

 

応援上映にハマる理由はさすがに観客数が片手で足りるだけではわからなかった

だがなんやかんやでペンライトの色を変えながら観るのは、

体感時間を短くさせる効果があったと思う

今回の体感時間は全部で5分くらいだったな!はっはっはっといったところか

 

夜は高田馬場ジョージかわいいよ!のレスポンスもあるのだろうか

気になるところではある