響け!ムーショニアム

つぶやきとかアニメの感想とか

ドウジンカツドウ!したい

お盆

コミケの季節だ

 

今回はタイトル通り、同人活動をしてもいいなと考えてはじめた

 

きっかけはほんの数時間前

ツイッターでロリな同人作家にスケブを頼んでいる間に、その子のパンツだかなにかを盗撮するというイラストだった

目に焼き付いたのは、そのロリ同人作家の作品の表紙だ

下手だ

ロリががんばった作品だけれども、なかなか売れない

画力もうーんといったところ

そんな絵だった

 

気になって「コミケ 画力」で検索すると、下には下がたくさんいるらしい

知らなかった

 

同人誌即売会に行ったこともないのもあり、同人誌というのはめちゃくちゃ絵がうまくないと作ってはいけないものだと思っていた

同人活動をテーマにする作品をもってしても(冴えカノとかこみぱとか)、プロがごろごろしているなかをうはうはと買うようなイメージだった

 

ははあと思う

 

調べれば同人誌なるものは、別に本にしなくともダウンロード販売などでもできるという(驚きだ)

FGOのイベントでも目からうろこが毎秒ボロボロしているのに、身近な!!!!!!ところで!!!!!!できます!!!!!!

 

そう思うとなんだかわくわくしてくる

ジャンルは何にしよう

やはり自分の絵をコテンパンにしてきたアイカツ

それとも今ハマっているイナズマイレブンにするか(本当にアイカツの絵を描いてなくて、そちらのアカウントをフォローしている人たちには申し訳ない)

いやいや刀剣乱舞もいいし、FGOもいい

 

構想がどんどん湧いてくる

 

そして何よりも、同人誌について勉強が足りないと思う

あとは勇気だけだろう

 

何をするにもがんばれ自分

にんにく専門店に行った

先日フォロワーとにんにく専門店に行ってきた

 

行った店は渋谷の「ガーリックガーリック」

ガーリック ガーリック

食べログ ガーリック ガーリック

 

食べたものを思い出しながらつらつら感想を書こう

 

まずこの店の常識(?)は、メニュー表にある楕円形のマークの意味を教えてくれる

マークの数が多ければ多いほど、にんにくが大量に盛られているという

ほう……

 

 

それでは注文

ひとつめ!前菜にガーリックトーストを召喚!!!!!!!!!!!!!!!!

うわーーーーーーーーーーーーーーー!

すごい……通常ならあめ色たまねぎが山のように乗っているように見える……

しかしこれ、全てにんにくなのだ……

 

ふたつめ!サラダ!

これは普通のドレッシング……?と思いきや、にんにくがしっかりといた

なんととんかつのからしが盛られているような、小さな調味料を入れた小鉢

これににんにくとアンチョビをねったペーストがついている

なるほどね、これがプラウダ高校名物のサラダ

 

みっつめ!肉!鶏肉!

鶏肉とハーブを添えたステーキ

これはにんにくが混ざってジューシー!

 

よっつめ!ごはん!ガーリックチャーハン!!!!!!!!


ご飯はおかず!ロンドンバージョン

 

この動画タイトル間違ってますね

正確にいえば「ごはんはおかず」ですよ

まあそれは置いておいて

 

これはチャーハンの上に、これでもか!と揚げたにんにくのスライスになん片だ……

とにかく盛られている

笑う

 

いつつめ!(これは自分だけ食べた)

にんにくジャムをかけたバニラアイス!!!!!!!!!!!!!!!!

 

そろそろこの記事を読んでいて「にんにく」がゲシュタルト崩壊してきただろう

うるせ~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!

しらね~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!

 

おみやげ!にんにくジャム!!!

 

 

と、こんな感じで食べてきた

どれもにんにくがおいしい

国産にんにくというのもグッド

今の時期だと生にんにくを揚げたものが、超おすすめなのだとか

食べて~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!

 

追記

こんなに大量摂取した翌日にフォロワーがバイトを入れていることを知って、申し訳なくなった

 

ぜひぜひ行ってみてね

見せかけ俺さまくんを読んだ

久しぶりのBLマンガの感想だ

何を書けばいいのか……

 

今回読んだのは『見せかけ俺さまくん』

 

見せかけ俺さまくん (BABYコミックス)

見せかけ俺さまくん (BABYコミックス)

 

 

あらすじは、高校からモテ始めた受けがひょんなことで攻めに惚れて惚れてややストーキングに近い形で、同じ大学に合格

友人から恋人に……と望む受けだが、攻めがなんせ頑なに拒んでなかなか話しかけられもできない

すると千載一遇のチャンスが訪れた

友人も恋人も飛び越えて、な、なんとセフレになっちゃった~~~~!?!?!?!?!?!?!?!な話

 

 

結論から言いますね

ここまでの展開というかあらすじが非常に気に入ったので購入しました

いやここまでは「へえ(興味深い)」って感じ

 

ただ物語の起承転結の「承」「転」がゴロゴロゴロゴロドッシャーーーーーーンドカーーーーーンズガガガガガガガガガガガガガガときて、は??????っていう

 

 

妙に納得できないというか、不満点なところは三つ

.

1.タイトルの「俺さまくん」って誰だ

おそらく表紙にもなっている受けのことかな?と思う反面、

攻めの性格が「これ俺さまか?(CV紫吹蘭)」となる

 

まあ「見せかけ俺さまくん」という限り、受けだと思うんですけどね……

イケメンで女の子侍らせているわりには、童貞だということがそうなのかな?

 

 

2.突如現れた攻めの過去

攻めと受け、過去をほじくるのはいいですよね

特にこの作品では高校時代から受けが攻めにべた惚れでストーカー気質ということから、受けから見れる範囲内の攻めの過去や他人から見える現状はだいたい知っている

だから受けが知らない過去

攻めしかしらない過去をほじくる必要がある

 

ここがまあ……一言で言ってしまうと稚拙

突然すぎる攻めの過去を知っている人物の登場

それによって入る受けの悩み(これはなんとなくわかる)

攻めの葛藤(ここもわかるといえばわかる)

 

それを描くのに、この人物を掘り下げてどうするのかと思うばかり

 

 

3.転から結への結びかた

晴れてハッピーエンドになるこの作品

それが強引すぎる

攻めが受けのことを好きになる過程、気持ちの変化の描写が薄い

不満です

おかげで終わり方がモヤモヤ……

 

 

ここまで読んできて「ああこの作品はクソなのか」と思ったでしょう……

いやでもいいところはあります

というか、補足が作品内にはないだけで、カバーを外すと普通に……

なぜこれをおまけページに入れなかった……

 

あと作者さんなのか編集さんなのかの好みなのか、キャラクターに盛った設定は全て明かさないと気が済まないタイプらしい

 

あとつかみの1話の攻めが実にゲス顔をしていて、本当にあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!メガネはいいねえ!!!!!!!!!!雅だねえ……!!!!!!!

 

そんな感じの感想でした

風邪を引いた

正確には細菌性?胃腸炎になった

先週のことだ

 

熱が出た

下痢をした

ここまでは以前にも胃腸炎になったことがあったから、「許容範囲内」だった

 

だが気持ち悪い

吐き気があった

 

今まで風邪で吐いたことは幼少期にしかない

最後は小学生のときの家族旅行で、

バスに同乗していた人の扇子の香りがきつくて西友の前でぼちゃぼちゃとしたくらいか

 

いやーーーーーーーーーーーーーこれが参った

ゲロをするまでこんなに時間がかかるとは

結局一晩中ゲロゲロしていたが、「吐くこと」をせき止める理性?を砕くのに時間がかかった

 

 

その後点滴したりうんこ採取されたり、脱水症状になりかけたりと

まあ大変な一週間だった

とりあえず治ってよかった

 

 

治ったあとのハンバーガーがうんめぇぇぇええ~~~~~にゃ!

裏ダブルチーーズバーガーは神

 

 

みんなも体調に気を付けてね

男慣れしている女ってどういうやつだ

タイトルそのまま、アニメキャラで例えてくれ


UFOキャッチャーをする灰崎【KIRASTAR製薬】【アレスの天秤】

 

いやでも基本アニメやマンガの二次元ヒロインって、

基本男に物申す!のも平気な性格が多いよな

 

真っ先に思い浮かんだのがONE PIECEのナミさんだったので、こう思った

 

逆に男慣れしてないな~と思ったのは、ネギま!本屋ちゃん

 

どちらも好きなキャラですけどね

 

 

ところで今日のイナズマイレブン アレスの天秤の灰崎くんはかわいさがめちゃめちゃ高くて、ずっとオタクスマイルしていたよ

いや~~~~~~~灰崎くんはいいね

かわいい

 

なんか動画が先頭になってしまった

みんな灰崎くんのかわいさを知ってファンになってくれ

へそが臭くなった

数日前からへそ、おへそから異臭がある

 

アンモニアに近い臭いなのだろうか

 

なんとも言葉にしにくい臭いをしていて、

匂いフェチの人はこんなにおいも興奮するのか?と疑問を持つ

 

ググってみると「へそのごま」が原因!?!?!?!?みたいな記事が引っかかる

 

へそのごまをひとりで黙々と取るのは勇気がいる

想像するだけで体がチクチクする

 

そこで皮膚科に行ってみた

どうせならプロに任せたほうがいいと思ったからだ

 

受診した結果は、へその炎症だった

え?そういうようになることしたっけ?と「?」ばかりの頭の中

 

また「へそのごまを取るのは決してしてはいけない」と念を押された

 

塗り薬を渡され、今晩から塗る予定だ

 

 

もし同じような悩みを持っている人がいるのなら、

「年かな?」「疲れているのかな?」と思わずに面倒でも皮膚科に行こう

 

へそをいじってお腹が痛くなる前に

ツイッターを辞めることは

フォロワーの一人がツイッターを「卒業」した

先日の記事の幹事だった人だ

 

shndy.hatenablog.com

「卒業」した理由は知らない

詳しく知っても、本人が辞めるのを宣言してしまってはそれを引っ込めるほどの力もないし、深追いしてもよくないからだ

ただ同世代のフォロワーの一人が消えてしまったことは、悲しく思う

 

 

そこで考えた

「自分にもツイッターを辞める時期はくるのか?」

 

うーん、考えながらキーボードを打つ

まずなんだ、ありがちなのは就職をする、または恋人ができる

ありえないな……

 

次は何だ

ツイッターそのものに飽きる

いや~~~~~~~~~いっちゃなんだけど、「飽きているアカウント」があるならそれを捨てて、新しいアカウント作ればいいじゃない

実際普段のつぶやきをしているアカウントは、歌舞伎の名家じゃないがうん代目だ

 

最近だとアイカツの絵を投稿しているアカウントが……

絵がえらくうまい人ばかりフォローしたせいで自己嫌悪になり、

メンヘラよろしくスランプなるクリエイター気分(失笑)になって、放置しているぐらいだろうか

まあ絵のアカウントは新しいアカウントを作って、フォロワーが自分のアカウントしかないすごく気楽にやっている

 

とまあ転生しまくっているから、全く辞めるなんて考えたことがない

 

 

結論としては、今のこの記事を書いている自分が「年齢で」「ツイッターに飽きたから」「人間関係に疲れて」「嫌がらせがある」わけではないから辞めないだろう

 

そもそも辞めると、どうでもいいニュースやネタを掴めなくなるしね……

デメリットしか思いつかんよ