響け!ムーショニアム

つぶやきとかアニメの感想とか

ツイッターを辞めることは

フォロワーの一人がツイッターを「卒業」した

先日の記事の幹事だった人だ

 

shndy.hatenablog.com

「卒業」した理由は知らない

詳しく知っても、本人が辞めるのを宣言してしまってはそれを引っ込めるほどの力もないし、深追いしてもよくないからだ

ただ同世代のフォロワーの一人が消えてしまったことは、悲しく思う

 

 

そこで考えた

「自分にもツイッターを辞める時期はくるのか?」

 

うーん、考えながらキーボードを打つ

まずなんだ、ありがちなのは就職をする、または恋人ができる

ありえないな……

 

次は何だ

ツイッターそのものに飽きる

いや~~~~~~~~~いっちゃなんだけど、「飽きているアカウント」があるならそれを捨てて、新しいアカウント作ればいいじゃない

実際普段のつぶやきをしているアカウントは、歌舞伎の名家じゃないがうん代目だ

 

最近だとアイカツの絵を投稿しているアカウントが……

絵がえらくうまい人ばかりフォローしたせいで自己嫌悪になり、

メンヘラよろしくスランプなるクリエイター気分(失笑)になって、放置しているぐらいだろうか

まあ絵のアカウントは新しいアカウントを作って、フォロワーが自分のアカウントしかないすごく気楽にやっている

 

とまあ転生しまくっているから、全く辞めるなんて考えたことがない

 

 

結論としては、今のこの記事を書いている自分が「年齢で」「ツイッターに飽きたから」「人間関係に疲れて」「嫌がらせがある」わけではないから辞めないだろう

 

そもそも辞めると、どうでもいいニュースやネタを掴めなくなるしね……

デメリットしか思いつかんよ

大人数の飲み会に行った

GWに大人数の飲み会に行った

もちろんオフ会だ

 

ひきこもりで友達が少ない自分にとって「大人数」は5人以上になる

予定では7~8人……?

ブロックしている人もいる……?

まっ、いっか!楽しければオッケーです!(大空あかり)


アイカツ!ミュージックビデオ『Pretty Pretty』をお届け♪

 

当日行ってみたら驚いた

10人(確か)

 

ほう……なるほどな……

 

飲み会の内容は触れないでおく

それぞれ書いていたら何度Pretty Prettyの動画を貼り付けなきゃならないからだ

 

今回書きたいのは、そんな大人数での場所で自分の存在があまりにも言葉にならないことだ

自己紹介はすると予想していた

だがフォローして10~1日程度の人もいるし、名前とアカウントの画面を出せば済むだろうと思っていた

 

蓋を開けてみれば、参加者それぞれ持ちネタというかうまい具合に自分のツイッターのスタイルを紹介する

おいおいまじか

ちょっと待ってくれ、自分の特徴は日常のことをつぶやいたりFGOのスクショを貼ったり、FGOのエミヤ(アーチャー)に中に射精するぞ!!!しかしていない

うう~~~~~~~~~~~~~~~ん、どうせ酒が入るんだ

ウケ狙いでやるか

 

はい失敗

 

声が小さすぎたね

大声で言えるわけねえだろ……!常識を考えろよ……!とタテマエの自分が強すぎた

攻めていけなかった

 

う~~~~ん

その後自己嫌悪と場慣れするまでに時間を要した

一人で汗をかき――焦る

余計に汗が噴き出る

 

はははと笑いながらもネタが提供できない自分

相槌しか打てない(適切な場面なのかも怪しい)

 

これではなあと心の中で頭をかきむしった

アニメキャラの陰毛の濃さ程度の議論がせいぜいすることだろうと想像していたゆえに、妙にリアルな話だと「あばばばばあっばばば令呪を持って命ず、エミヤ助けて」だ

 

なっっさけねーーーーーーーーーー

 

そんな気持ちを表した歌がこれです


Yuko Nakazawa - Kuyashi Namida Porori

 

次はがんばろう

Facebookをはじめた

2,3日前にFacebookを始めてみた

情報流出なんて知るかというか……そもそも就活でもなんでもないのになぜFacebook

 

それは数日前にさかのぼる――

 

魔がさして「初恋の人の名前」をググってしまったからだ

写真見ても????だったけれど、出身校で「もしや」と思い、勢いで登録

深夜の中、iPhoneとPC交互に見ながらアカウント作りの手続きをする

ネトストだろと今なら思う

 

始めてすぐに初恋の君(面倒なので田中くん(仮名)で)を検索

うううう~~~~~~~~~~~~NNんwwwwwwwwwwwww

黒wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

本物確定wwwwwwwwwwwちょwwwwwwwwww

小学校のwwwwwwwwww初恋wwwwwwwwwwwww

すみません古代のインターネッツ文章になって……

 

田中くんの友達欄をみたら!なんと!なんと!

小学校のお友達が引っかかる引っかかる

 

いつもひげを生やしていたカリパクが得意なんだなのあやこちゃん!

えくぼがかわいいめぐみちゃん!

ブロッコリーみたいなサブカルみたいにな……ってサブカルキャラクター作ってるの!?な森田くん!(大出世やんけ)

転校したかすみちゃん!!

 

(のちのち振り返ったら女ばかりの友達欄だと気づいた)

(田中くんはチャラいのか?)

(田中くんは「意識高い仲間に恵まれて感謝!」と素で書いてあって千年の恋が冷めた)

(田中くん……)

 

とまあここまで興奮していた

 

 

問題なのは「友達かも?」欄

父の上司、父の友人が出てくる

行きつけの歯医者の院長まで出てくる

 

怖くなった

 

 

あと小学校でモテモテモテまくっていた富田くんが、

イルカのオブジェを股間に挟んだ写真、もちろんズボンは履いている

それをみてとても気持ち悪くなった

前々から笑いの趣味が合わないから避けていたが、ここまでとは

 

 

便利なようで便利じゃない

加えて一定の期間を過ぎるとみな飽きて使っていないため、

連絡を取ろうと思ってもとれない

 

これはあと数人気になった人の「その後」を読んで終わりですな

Facebookはそんなお話

なーーーーにがとめないでじゃ


(Arashi) Happiness 15th anniv SP

 

iTunesでシャッフルしていたら出てきた曲

好きな曲です

 

しかしメンタル弱ってます

ああああああああああああああ

なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーにが「止めないで~止めないで~♪」じゃ

わしは止まらねえぞ…

 

いや止まりたいんだが…

バイトに応募する

 

shndy.hatenablog.com

 これ嘘ですね

今年が5年目です

 

無職なんでね、アルバイトの応募に新年度だし!と思って応募しているんですよ

今のところふたつ面接受けました

 

ひとつめ!リサイクルショップ

まあ落ちますな

家から近いのが魅力だったんだが……

 

ふたつめ!カラオケ屋

落ちたみたいですね(今日連絡が来る日だった)

まあ面接のとき「いや~~~~~~~~~~~~(本当にものすごい溜めだった)本当に希望時間とシフトがかみ合わない」といわれたのでね

今後もお客さんとして使おうと思います

機種も新しくなったのがわかったのでね

 

 

とまあふたつだけ受けて、まだメンタルはくじけていないのだけれど

就活と同じようにふたつとも「サイレントお祈り」使ってきたのでね

そこがじわじわメンタルにきます

 

 

ところでアイカツフレンズ!が始まりましたね

いい感じですね~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あいねちゃんは巨乳ですね、間違いなく

サンドイッチで育った乳です

それに大家族

これは薄い本ネタで使えそうですね

アイカツスターズ!が終わって

この記事は「アイカツ!」シリーズを非難したものではありません

個人の感想としたものです

ところどころ「アイカツ!」シリーズを批判している部分がありますので、

批判が苦手な方は読まないでください

 

 

昨日アイカツスターズ!が無事最終回を迎えた(面倒なので「!」は表記なしで書きます)

 

一応アイカツスターズが終わったことで、アイカツ5周年という区切りを迎えた

次回作の「アイカツフレンズ!」も期待をしておく

 

とまあここまでは、スタッフ・キャスト・歌のお姉さんたちにありがとうを伝えたい

 

 

それでは個人的な感想を、アイカツアイカツスターズについていいたい

 

初代主人公のいちごちゃんはアメリカへ渡り、

なんやかんやいろいろなことがあって海外を見聞したことで成長した(星座ドレスのシリーズみてください)

さらになんやかんやあってトップアイドルになった(劇場版みてください)

この生き方というか、キャラの姿勢にはとてもいいと思う

 

そこで主人公の代が変わり、あかりちゃんになってから

トップアイドルいちごちゃんに近づくためにスターライトクイーンになることが目標となった

あかりちゃんの代はみなスターライトクイーンになるのを目標に切磋琢磨していた

 

あかりちゃんの代まで、作中ではスターライト学園が唯一無二のアイドル養成校として描かれていたものの、ルミナス全国ツアーでアイドル学校が日本にたくさんあることが分かった

 

そしてアイカツ!が終わり、アイカツスターズが始まった

主人公のゆめちゃんは学校のトップであるS4、そして世界一のアイドルを目指した

 

つまりスターライトクイーンやS4は都心?と田舎(四ツ星学園は閉校寸前だったらしい)の一アイドル養成校のグランプリ

平たく言えば大学のミスコンみたいなものだ

 

確かにスターライトクイーンやS4を目指すのはわかる

学校で一番最強のアイドルで、仕事もガッポガッポ入る

認知度も桁違いだ

 

でもな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~違うんだよ

 

アイカツスターズが一応2年目、星のツバサシリーズになってから世界一のアイドルになるという目標になったものの、結局アイドルランキングの開催国?は日本

 

いや世界じゃないじゃん

 

エルザさんが登場したときは、いやーえらい大変なランキングがあるんだな

彼女のライブは迫力が違うしさぞ厳正な審査でアイカツランキングは作られているんだろうな


Aikatsu Stars! ep51 "Forever Dream" アイカツスターズ!51話 "Forever Dream"

違うらしい

日本のその辺でやっているオーディションや大会で優勝すれば、ランキングが上がる(ポイント制らしい)

 

 

いやーーーーーーーーーーーーーーー尺が足りなかった(と予想)とはいえ、

ここは簡単に曲げてはならんだろう

 

しかもひょっと出の太陽のドレス出した人間同士でボコボコライブして負けてさあ……

おまけに最後の伏線、月のドレスなんか一瞬でボコられて「あれはなんだったんだ?」と思わせるしかないという

 

あかりちゃんの代から思っていたけど、学園一位を目指してどうするんだよ

卒業したら、箔がつくだけで終わりじゃないか

 

どうかと思うよ

 

それに両作品とも最終回は、今まで出てきたキャラクター出すだけ出して「これからも私たちのアイカツは続く!!!」みたいな終わり方でさあ……

アイカツスターズは脇役が少なかったから、キャラクターのファンが「がんばれ!」と応援するだけですよ

おいおいそれでいいのか

 

だから素直にあかりちゃんやゆめちゃんはすごい!と思えないところがある

スケールが小さい

 

一方で作品中負け続きだったローラは、それなりにイギリスに武者修行しに行ってるじゃん

井の中の蛙から飛び出したわけじゃん

ずっとまともな選択したと思うよ

 

 

勢いだけの文章だけで申し訳ない

 

だけどあかりちゃんも、ゆめちゃんも学校で一番のアイドルを目指すだけじゃなくて、もっと高みにいってほしかった

国内だけで活躍するだけのアイドルにはなってほしくなかった

アイカツはそこのところがすごく残念

 

お天気お姉さんで学園一になれるの?

いつもと同じパフォーマンスを磨くだけで世界一になれるの?

そんなもやもやを残してきた

 

キャラクターたちが幸せならそれでいいけど、視聴者のひとりとしてはすっきりしない

 

アイカツフレンズはそういう小さな目標にはとどまってほしくないと思う

 

もとから女児向け作品だから、イナズマイレブンみたいに宇宙行ったり時空超えたりしてもいいよ

それのほうがかっこいいし強そうだよ

 

勢いだけのブログ記事でした

読んでいただいてありがとうございます

LINEが嫌い

いやタイトルのままなんですがね……

 

LINE苦手です

嫌いに近い

 

まず会話が続かない

例えば、自分が「こんにちは」とスタンプ

相手も「こんにちは」にスタンプ

これだけ

話をどうやって広げていいのかわからない

 

送る相手にも気を遣う

リアル友人同性は、もうめちゃくちゃになっている

リアル友人異性は何を書いていいのかわからない

スタンプ送ってしらける

 

ネットの(ツイッター上の)人たちとは勝手が違うんだよな

おちんちんびろーんとか突然送っても許されそうというか……

 

とりあえずリアル人間で既読スルーしてるやつら滅ぼしたい